個別指導塾が向いている中学生とは?

集団指導と個別指導とは

高校受験に向けて塾を探している中学生とその保護者の方は多いと思います。テレビCMで宣伝している全国展開の大手塾から地元密着型の塾まで、塾といっても様々なものがありますが、自分に合った塾をどうやって選べばいいのでしょうか。
塾を選ぶ際にまず考える必要があるのは、集団指導型か個別指導型のどちらにするかということです。集団指導型とは、教室に多数の生徒を集めて講師が指導を行うもので、学校と同じような形態になります。個別指導型は、生徒1人から3人に講師が1人ついて授業を行うものです。それぞれに良さはあるのですが、集団指導型の主なメリットはライバルの存在でモチベーションが上がること、価格が比較的安いという点にあります。

個別指導にはこんなメリットが

対して個別指導型には、第一に自分の都合の良い曜日や時間にカリキュラムが組みやすいというメリットがあります。受験生といえども部活を継続していて忙しい人には通いやすいシステムでしょう。そして個人に合わせたスピードで授業をしてもらえることも大きな利点です。学習内容の習熟度は1人1人異なるものですから、確認しながら授業が受けられるのは大きな安心感があります。さらに重要なのが、個別指導型だと質問がしやすいという点です。大勢の生徒がいる中で質問をするというのは意外と勇気を必要とします。特に控えめなところがある人には、個別の方が講師とのコミュニケーションもとりやすいのではないでしょうか。
個別指導型の場合、講師との相性が合うかどうか不安に思うかもしれませんが、途中で変更が可能な塾も多いようです。まずは気になる塾に問い合わせをして、実際に授業を見学してみることをおすすめします。

中高一貫の塾は長く通うと勉強する習慣が付き、新しい知識を効率良く積み重ねて成績を伸ばせることがメリットです。

© Copyright Attracted Private Tutors. All Rights Reserved.