個別指導塾が向いている高校生とは?

苦手科目がなかなか克服できない生徒

進学したい大学の受験科目に、どうしても苦手意識を克服できない科目が設定されている、というケースは少なくありません。その科目の得点数が合格不合格を左右すると言っても過言ではないでしょう。個別指導塾は、そうした何か特別苦手意識のある科目を持っている学生に対して強みを発揮できる塾と言えます。より生徒一人ひとりにフォーカスした指導を徹底できるため、わからないまま授業を進めることはありません。集団塾では、一人の理解の遅れに対して付きっきりで教えるというのは難しいものの、個別指導塾なら問題なく行えるのです。場合によっては、今まで苦手意識の強かった科目を克服し、得意科目にまで押し上げることも不可能ではないでしょう。

部活動などでスケジュールがずれやすい

大学受験を目指してはいるけど、同時に部活動にも力を入れたい、という生徒も個別指導塾に向いています。集団塾では、こうした生徒のために授業スケジュールを変更することはできません。決まった時間に通学できる生徒に対して指導を行います。一方で個別指導塾なら、少人数で進めるため基本的には生徒のスケジュールに合わせた指導を行えます。部活動の影響で少しスケジュールが変則的になるとしても、個別指導塾なら十分対応できるのです。また、部活動で集団塾を欠席した場合、そのまま授業が進んでしまうため理解力が遅れる可能性があります。せっかく塾に習いに来ているのに、自分がいない間に授業が進んでわからないことだらけになっては意味がないのです。

高校受験の個別指導は、大人数のクラスでは授業の進度についていけなかったり、分からない部分が質問しにくい人でも自分のペースに合わせ、学習ができるので、志望校合格に向けてより効率的な勉強ができます。

© Copyright Attracted Private Tutors. All Rights Reserved.